優れた建具の内窓

今ある窓で本当に十分ですか?
内窓に変えてエアコンの効きがよくなった、結露の悩みも解決、防犯にもいいよね、子供の声がもれず防音効果がうれしい、取り付けも思って以上に早い、マンションでもOKなんて知らなかったなど、内窓に変えてよかったと多数の声があります。
内窓で快適な生活とエコとが両立出来るライフスタイルがこれから注目されることでしょう。
私も窓が家の快適を左右する?とは考えもしなかったのですが、暮らしのなかでとても影響があると確信しました。

気密性を高めるので優れた建具でもある「内窓」は、今ある窓の内側にもう一つ窓を取り付け二重にすることによって断熱や防音を行います。一度取り付ければ、クーラーや暖房の電気代がおさえることになり、余計な電気を使わないエコライフで快適な暮らしが望めます。
今ある窓と内窓との間に空気の層を作る事によって断熱、構造的に空気の層をもっているダンボールや発泡スチロールが暖かいといわれているのことと基本的に同じ原理です。
内窓の構造と高い機密性がもたらす効果は、断熱性の向上とそれによる省エネ効果だけにとどまりません。外の騒音を遮断、逆に室内での音漏れを軽減、遮音や防音効果もあります。
ただ初期費用は多少高くなるでしょう。ですが多少高い費用だからといって安い内窓にすると気密性が低いものの可能性が高いでしょう。それでは内窓の構造や気密性がもたらす効果は低くなると思われます。そのため、気密性の高い、またインテリアの一部としてケチらず選んだほうが良いでしょう。暑さ、寒さ、結露の軽減、防音対策、防犯、窓を一つ増やすだけで様々な効果がプラス最近では製品カラーが豊富になってきており、気に入った色で選ぶ事も出来ます。

これまでの積み重ねてきた施工の経験を活かして、最高のリフォームを行います。 狭小住宅も快適な家に作りかえます。 お客様のご希望を形にする技術があります。 当社はお客様の要望と住まいの環境を十分に考え、お客様に合わせた最適なリフォームを提案し、実現する会社です。 当社のリフォームはお客様個別の商品であるため、価格もお客様のリフォーム内容に合わせた適正価格を提供します。 リフォームのベストパートナーは山商